モデルハウス訪問 番外編 地中熱利用24時間換気システム

こんにちは。北欧住宅をご提案するスキャンDホーム名古屋です

千葉県モデルハウス紹介第4段はちょっと番外編。
綺麗な空気のお話です。

突然ですが、
スキャンディーホームのモデルハウスの床にはこのような穴が12ヵ所空いています。
s画像 462
洗面所

s画像 446
トイレ

s画像 463
収納

これはなんの穴でしょうか?

実は換気扇の排気口なのです。

「換気扇の空気の出口が何故床に…?」「換気扇は上についているものだよね」
そう思う方も多いとは思いますが、

実は、床から排気した方がより効率的に、確実に汚れた空気を排気出来るのです


sikumi3.jpg
汚れた空気=空気中にほこりや花粉が多い空気のことです。
ほこりなどは重さがありますので、時間とともに下に落ちます。
だから換気扇は下にあるほうがよいのです。

さらに、換気の経路を限定することで光熱費の軽減が出来ます。

年間を通して夏は外気より涼しく、冬は外気より暖かい地中熱を利用するのです。

お財布にも、健康にも、地球にもやさしい換気システム「エアーヒル」
sikumi4.jpg

スキャンディーホームにてお取り扱いしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

テーマ: 住まい -  ジャンル: ライフ
by スキャンDホーム名古屋  at 09:37 |  スキャンディーホーム |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する