FC2ブログ

記事一覧

ドブレ640CBJ 760CBJ のご紹介

こんにちは。『北欧からいいものだけを』スキャンディーホーム名古屋です

久しぶりに薪ストーブのご紹介です。
そろそろ薪ストーブに火をつけたい季節になってきましたね。

今回ご紹介するのはベルギーからやってきたドブレちゃんです。

薪ストーブに「ちゃん」付けはどうなんだ と思われる方も多々いるかと思いますが、
実際に薪ストーブと共に暮らしている人の中には、「うちの子」最近調子が良くって燃えすぎる~等、
ストーブを擬人化してお話される方も一定数いらっしゃいます。

この時の薪ストーブはただの道具としての暖房器具ではなく、
ちょっと手がかかるけど我が家の一員というイメージですね。


そんな風にストーブと付き合えるのも素敵だな―と思います。

そして、話を戻して『ドブレちゃん♪』
以前に同じメーカーのヴィンテージシリーズ=TV君をご紹介しましたが、
今回ご紹介するのはスタンダードモデルの「ドブレ640」と「ドブレ760」です。

img_main_dovre640cbj.jpg

img_main_dovre760cb.jpg

メーカー名+サイズ と言うなんとも分かりやすいネーミングですね。
写真はメーカーHPからお借りしました。分かりにくいのですが、上が640 下が760です。

この数字は横幅の寸法を表しているらしいですよ。
実際は 640CBJが W650×D560×H760mm
     760CBJが W780×D580×H800mm なので少し誤差はあるみたいですね。

構造も名前と同じくいたってシンプル。
温度があがったら勝手に二次燃焼をはじめるクリーンバーンシステムを採用。これが「CB」ですね。
中を開けるとシンプルな構造を見ることが出来ます。

ヨツールに似ているけど、外部も内部も装飾や細かい部品が少なくてシンプルですね。

007.jpg

ちなみに炉内の床はワッフル状になっています。

002.jpg

このワッフルに灰を溜めておくことで、ストーブの保温力がUPするのです。
綺麗好きな奥様はこのワッフルプレートに溜まった灰を掃除したくなると思います。

掃除のしやすさは考慮されていないので少し大変ですね。
しかし、本当はシーズンが終わるまではここに灰を入れたままにしておくのが正解なのです。
 (灰を溜めた方が良いのは他のストーブでも同じことです)
空気の入り口だけ確保できるようにワッフルの上の灰が溜まってきたら、捨ててくださいね。

また、ドブレの一番の魅力は他社のストーブより少し安いということ。
格安のストーブはたくさんありますが、安くても良くないものではお薦めすることはできません。

スキャンディーホーム名古屋一押しのメーカーは、

バーモントキャスティング ・ ドブレ ・ヨツールなど。
その中ではドブレが一番お得になっています。

ストーブのメーカーはまだまだたくさんあるので少しづつ紹介していきますね

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スキャンDホーム名古屋

Author:スキャンDホーム名古屋
こんにちは。
全国にネットワークを持つ北欧住宅設計施工「スキャンDホーム」の名古屋支部です。住宅ことから、日々のこと、北欧の魅力をお届けします。よろしくお願いします。